農地と普通地の違いとは何か

不動産の中でも「土地」は異質性を持っており、農地としての活用や、宅地としての活用など、様々な活用方法があります。しかし、農地を普通地と混同している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、農地と普通地の違いについてご紹介いたします。

農地の定義とは何か

まずは農地の定義についてご説明いたします。農地は他の不動産とは異なり、登記簿上のものではなく、現在の状態で判断されるものだとされています。また、農地法では「耕作の目的に供される土地」が農地と定義されており、耕作とは土地に労費を加え、肥培管理を行って作物を栽培することをいいます。

一般的によく目にする果樹園や牧草栽培地などが、農地法に当たる「農地」となります。

農地の購入、売却について

農地を購入・売却する際には、特別な許可が必要になります。通常の土地であれば、自らの意志で売却することが可能ですが、農地は農地以外の目的で使用することが禁止されているため、農業委員会や都道府県知事の許可が必要になるのです。当然、農地に勝手に建物を建てるのも禁止されています。しかし、農地として活用していた土地を、必ずしも宅地として活用できないというわけではありません。これも同じく、特別な許可を得ることで可能になります。

農地法の許可が不要な場合について

農地を購入して取得した場合には特別な許可が必要になりますが、一部例外もございます。その一つが、相続による農地の取得です。一般的には相続による農地の取得は、許可は必要ないとされています。しかし、あくまで許可が必要とされていないだけであり、農地を所轄する地域の農業委員会への届出は必要になります。これは、遺産分割によって農地を取得した場合も例外ではございません。また、農地を時効取得した場合も同様です。

農地として活用するか、普通地として活用するかは人それぞれですが、この二つには上記のような大きな違いがあります。

土地活用についてのご相談は、西尾市にある永田不動産にお任せください。
永田不動産では土地有効活用や不動産についての無料相談を行っています。
さまざまな視点から専門家としてのサポートを行います。
少しでも気になることがあれば、永田不動産にお気軽にお越しください。

information

永田不動産
〒444-0325
愛知県西尾市楠村町狐島4番地1
【営業時間】8:00~21:00
【定休日】日・木午前
西尾市にある永田不動産は土地売買や土地活用の提案を致します。
TEL :0563-59-8177
メールでお問い合わせ

西尾市の不動産買取・販売

PAGE TOP

土地売買、土地活用なら西尾市の永田不動産へお任せ下さい!

Copyright © 永田不動産 All Rights Reserved.